SBO marketing

11 ~20件 / 全 211 件


フリーチケットに関するトピックというのは実に多種多様で、市場の状況やチーム幹部の気分などによってその内容は変化する。しかし、フリーチケットがチームにとってプラスのツールになるということと、一方で収入の最大化を妨げ通常チケットの価値を下落させることもあり得るという2点は常に変わらない。今回からSBO事例では成功を収めてきたフリーチケットに関する様々な考え方を2回に亘ってお届けする。

⇒ 続きを読む


スポンサー契約を勝ち取るための会議は、試合日に行われるファン・サービスとよく似ている。効果的に事を運ぶには創造性、タイミング、練習が必要であり、またメッセージを正確に相手に伝えるためには独自の手法を用いることも求められる。今回のSBO Marketing事例では、スポンサーに対する革新的なプレゼンテーションの事例を紹介すること、そしてより多くの時間と想像力をプレゼンテーションに投じることで、潜在的顧客との関係強化に努めたいと願う人々にアドバイスとなるようなレポートをお届けする。

⇒ 続きを読む


景気の回復がいまいち思うように見込めない現在、既存のスポンサー企業以外にも様々な業界へのアプローチが求められる。そんな中、チャリティー団体とのタイアップという発想はあっただろうか。今回のSBO Marketing事例では、米マイナーリーグのチャリティ団体とのタイアップスポンサーシップの取り組みについてご紹介する。

⇒ 続きを読む


米国では、スポンサーシップ収入の中で、小売企業のスポンサーシップが広がっている。

 その理由は単純で、小売企業のプロモーションは、例えばプロモーション期間中に売り上げが28%伸びた。という風にその結果が可視化できるからである。

 サクラメントキングスがハンバーガーショップのカールズJr.と行ったプロモーションでは、その地域のショップで商品を購入した人のみが買えるボブルヘッド人形が3万体も売れた。

 今回のSBOMarketing事例では、この小売企業へのスポンサーシップを数多く成立させてきた専門家が、どうすれば、その契約を成立させ、継続的なスポンサーシップ契約が結べるかについて語ったものをご紹介する。

⇒ 続きを読む


金額の大きいスポンサーシップ営業をする際、見込み企業に対してどのようにアプローチをしていくのが効果的なのか。コンテンツの営業マンとしては悩むところだろう。この悩みにある一つの解を与えてくれる事例がある。当たり前のことではあるがしばし忘れがちなこのアプローチ。今回のSBO Marketing事例では、米マイナーリーグのスポンサーシップ営業戦略についてご紹介する。

⇒ 続きを読む

 今回のSBO Marketing事例では、2回にわたってアメリカの失業率が8%を超え、消費者支出の劇的な低下が続く米国社会のなかで、どのようにして球団を経営していくべきか紹介している。

今回は、ニューヨーク・ヤンキースの前オーナーであるジョージ・スタインブレナーに代わり新たなリーダーとなった経営陣の経営戦略について紹介する。

⇒ 続きを読む

 今回のSBO Marketing事例では、2回にわたってアメリカの失業率が8%を超え、消費者支出の劇的な低下が続く米国社会のなかで、どのようにして球団を経営していくべきか紹介する。

今回のSBO Marketing事例では、ニューヨーク・ヤンキースの前オーナーであるジョージ・スタインブレナーが巨額の利益を得る球団とメディアへの絶対的な力を持つ球団へと変貌させた背景を紹介する。

⇒ 続きを読む

 前回のSBO Marketing事例では、オリンピックやワールドカップのような大規模なイベントにおけるアンブッシュマーケティングを紹介した。今回はナイキのアンブッシュマーケティングを中心に紹介する。

⇒ 続きを読む

 業界内でしばしば嫌煙されるアンブッシュマーケティングであるが、オリンピックやワールドカップなど大規模なイベントであればあるほどお金をかけた高度な仕掛けが行われる。今回の SBO Marketing事例では2回にわたってアンブッシュマーケティングについて紹介する。

⇒ 続きを読む

 WNBAフェニックス・マーキュリーは2009年シーズンから認証防犯サービス会社のLifeLockとユニフォームのネーミングライツ3年契約を結んだ。今回の SBO Marketing事例ではWNBAでは伝統的に暗黙の了解となっていたユニフォームの契約について紹介する。

⇒ 続きを読む

11 ~20件 / 全 211 件

ページの先頭に戻る