SBO marketing

21 ~30件 / 全 211 件

 スポーツイベントの演出や応援で音楽は欠かせない。ファンのアイデンティティを刺激する音楽を制作することで新たな収益が生まれるという。今回の SBO Marketing事例ではスポーツチームや団体と協力して、チームソングを制作するバンシー・ミュージックについて紹介する。

⇒ 続きを読む

 チームにとって周年記念事業は大きな収益を生み出す可能性を持っている。今回の SBO Marketing事例では50周年を迎えたNFLデンバー・ブロンコスの取り組みについて紹介する。

⇒ 続きを読む

 スポンサーシップの効果の測定方法の多くは、単に広告媒体としての価値に換算して、認知度や行動の変化などといった数値を使って効果を測定している。しかし、これではスポンサーシップに求められるものが違う場合、的外れな測定方法となってしまう。今回の SBO Marketing事例ではスポンサーシップの測定方法について紹介する。

⇒ 続きを読む

 スポーツ界がソーシャルメディアを利用しながらファンと結び付きを図っていることはもはや驚くべきことではない。今回のSBO Marketing事例ではNBAのなかでもソーシャルメディアを上手く利用しているチームについて紹介する。

⇒ 続きを読む

 スポンサーのターゲットは消費者だけではない。ナスカーではスポンサーの企業間取引を大きな価値として、アピールしている。今回のSBO Marketing事例ではナスカーのスポンサーである企業間取引について紹介する。

⇒ 続きを読む

 フロリダ州知事のチャーリー・クライストは新しいチケット転売法を承認した。スポーツを始めとするエンターテイメント業界において、チケットの転売はコンテンツホルダーの収益を左右する大きな課題である。今回のSBO Marketing事例ではフロリダ州で新しく承認されたチケット転売法について紹介する。

⇒ 続きを読む

 数々の奇想天外なプロモーションを実施して成功を収めたマイク・ヴェック氏。明るい展望の見えなかったマイナーリーグを復活させた方法とは?今回のSBO Marketing事例ではマイク・ヴェック氏のインタビューから彼のプロモーションの哲学について紹介する。

⇒ 続きを読む

 ジョージア工科大はフットボールと男子バスケットボールのチケットセールスをアスパイア・グループに託すことにした。大学がチケットオペレーションを企業に委託した今回のケースは前例がなく、他大学の動向も注目されている。今回は、ジョージア工科大によるチケット部門の外部委託についてレポートする。

⇒ 続きを読む

 ワシントン・キャピタルズのテッド・レオンシスは他のオーナーが実行しようとは思わないことを実行した。この経済不況の真っただ中でチケットの価格を上げたのだ。また、この戦略が成功しているから驚きだ。その裏に隠された戦略について今週のSBO Marketing事例ではレポートする。

⇒ 続きを読む


先週からお届けしているアリゾナ・ダイヤモンドバックスの敏腕CEOの様々な取り組みであるが、今週のSBO Marketing事例でも引き続きアリゾナ・ダイヤモンドバックスの挑戦についてレポートする。

⇒ 続きを読む

21 ~30件 / 全 211 件

ページの先頭に戻る