SBO marketing

31 ~40件 / 全 211 件


歴史的な大不況の中、アリゾナ・ダイヤモンドバックスは、地元経済の防波堤になっている。その裏には敏腕CEOの様々な取組がある。今回から2週に亘って、SBO Marketing事例ではアリゾナ・ダイヤモンドバックスの挑戦についてレポートする。

⇒ 続きを読む


MLBクリーブランド・インディアンズは、今シーズン、非常に価値あるデータを手に入れたと言えるだろう。そのデータの出所は、グランドではなく、チケット販売オフィスである。今回のSBO Marketing事例ではインディアンズがデータ分析を基に取り組んでいる改革についてレポートする。

⇒ 続きを読む


先日デトロイトにて開催されたNCAAのファイナル4のチケットは、ミシガン州ではここ数年で一番の安さとなる価格で販売されていた。他の業界のビジネス同様、これは市場の需要と供給の関係に大きく影響を受けているが、今回価格が大きく下がった背景にはさらに複数の要因がある。今回のSBO Marketing事例では、このNCAAファイナル4のチケット価格についてのレポートをする。

⇒ 続きを読む


メディアでは新しい経済の「構築」が多く話題にされており、これはスポーツマーケッターにとってもある教訓となるだろう。

しかしながらまずは、今回のSBO Marketing事例でカンザスシティー・ロイヤルズの幹部が確保した新しいスポンサー(カウフマ

ン・スタジアムにおける新しい座席の一部として新しい商品を生み出した)事例を紹介した後に議論することにしよう。

⇒ 続きを読む


米国のイベントマーケティング会社の最高戦略責任者であるリチャード・ルーカー氏によれば、マーケッターは大きな誤解をしているという。「経済の後退により消費者が消極的になっているときには、広告代理店にとって魅力的な全国的で派手な催しものではなく、地域に特化した地元に密着したイベントこそが消費者の求めるものだ。そして、人々が事実上交友関係をオンライン上で築いている今の時代には特に昔ながらの対面式の人間付き合いが大切だ。」と訴える・・・

⇒ 続きを読む


日本でもJリーグ、プロ野球とシーズンが開幕したが、この不景気の中、どこのチームも未だにスポンサー集めに奔走しているのが現状だろう。米国においても、スポンサー企業の幹部の間では景気の話題がほとんどを占めている。今回のSBO Marketing事例では、米国バークレーズ・キャピタル社が予測したスポンサーシップと広告についての概要をレポートする。

⇒ 続きを読む


SBO Marketing事例の基となっているMigala Reportを発行しているダン ミガラ(Dan Migala)氏は、ウォールストリートジャーナル紙、ニューヨークタイムズ紙、シカゴトリビュート紙、スポーツイラストレーテッド、CNN、ESPN、NBC ナイトリー ニュース等、様々なメディアのスポーツビジネス欄や特集で取り上げられている。今回のSBO Marketing事例では、そのミガラ氏へ行ったインタビューの後編をお届けする。

⇒ 続きを読む


SBO Marketing事例の基となっているMigala Reportを発行しているダン ミガラ(Dan Migala)氏は、ウォールストリートジャーナル紙、ニューヨークタイムズ紙、シカゴトリビュート紙、スポーツイラストレーテッド、CNN、ESPN、NBC ナイトリー ニュース等、様々なメディアのスポーツビジネス欄や特集で取り上げられている。今回のSBO Marketing事例では、そのミガラ氏へ行ったインタビューの前編をお届けする。

⇒ 続きを読む


経済評論家たちは、米国のスポーツエグゼクティブたちに、「ここ数年、世間は低インフレ時代にいることを忘れてませんか?」と言うべきだろう。米国のスポーツ業界は、ここ数年チケット価格が上昇してきた。しかしながら今回の不況により、状況も少しずつ変わって来ている様だ。今回のSBO Marketing事例では、米国スポーツ業界のチケット価格の状況についてレポートする。

⇒ 続きを読む


NBAニュージャージー・ネッツは、シーズンチケットホルダーやスポンサーのために、ホームアリーナであるアイゾットセンターにビジネスセンターをオープンした。このビジネスセンターは地元のIT企業であるハイポイントソリューションズ社がスポンサーとなっており、メドウランズにあるアリーナ西側入口に新たに設置する3,000平方フィートのスペースについて3年契約をネッツと結んだ。今回のSBO Marketing事例では、このスポンサーシップについてレポートする。

⇒ 続きを読む

31 ~40件 / 全 211 件

ページの先頭に戻る