SBO marketing

41 ~50件 / 全 211 件


もしルーカスオイルスタジアムのコンコースの一部がまるで電化製品店のようであったら、というのがこのスポンサーの狙いである。HHグレッグ(家電小売店)がスポンサーになることで、スタジアムの廊下は皿洗い機や冷蔵庫そして洗濯機で埋め尽くされている。今回のSBO Marketing事例では、NFLインディアナポリスコルスの本拠地であるルーカスオイルスタジアムのスポンサーシップについてレポートする。

⇒ 続きを読む


男子バスケで有名な米国ワシントン州スポケン市にあるゴンザガ大学が女子バスケチームのチケット販売とブランド構築を目的に画期的な口コミマーケティングを行った。今回のSBO Marketing事例では、この取り組みについてレポートする。

⇒ 続きを読む


毎年シーズン開幕前には、今年は何が売れるのか、何を売っていくべきか。チームのグッズ担当者は頭を悩まされるだろう。
今回のSBO Marketing事例では、チームのグッズ販売に対する米国における今シーズンの購買傾向について各分野の専門家の予測をレポートする。

⇒ 続きを読む


WBCが開幕し、野球シーズンが幕開けた所であるが、シーズン真っ最中であるNBAやNHLはチケット販売に苦しんでいるというニュースが入ってきている。そんな不安定な状況になることを見極めていたのか、MLBロサンゼルス・ドジャースは、昨年、シーズンチケット更新のため、ファンに新たな提案をしていた。今回のSBO Marketing事例では、ドジャースのこの提案についてレポートする。

⇒ 続きを読む


MLBナショナルリーグのサンフランシスコ・ジャイアンツは、「ダイナミック・プライシング構想」というメジャーリーグでは初の構想を

計画しており、甘いマスクで若い女性に人気のティム・リンスカム(Tim Lincecum)が投球する試合はどれも高価格となるだろう。
今回のSBO Marketing事例では、サンフランシスコ・ジャイアンツが導入したこの画期的な変動価格システムについてレポートする。

⇒ 続きを読む


 航空会社と同様に、舞台やコンサートなどの会場では、観客によりくつろげるような座席を用意し、その料金の値上げを始めているが

、同様にこの新たなコンセプトを取り入れチケット販売による収入増を試みるスタジアムやアリーナが増えていくだろう。今回のSBO

Marketing事例では、スポーツ興行にも役立つ、舞台やコンサートにおけるチケット価格設定の事例をご紹介する。

⇒ 続きを読む


株価の下落と頻繁なリストラの実施による破産や差し押さえの結果、チケットの変動価格や、プリペイドプラン、お得なパッケージや安価に設定されたシートなどの営業努力が増加しており、この勢いは今後も増すと考えられている。今回のSBO Marketing事例では、この不況下を乗り切るためのアメリカ4大スポーツの取り組みについてレポートする。

⇒ 続きを読む


セカンダリーマーケットは、長い間チケットは公正な取引価格を決定する測定基準であったが、現在NHLのセントルイス・ブルースでは、「Name Your Price」と題し、ファンが希望するチケット価格で直接ファンに提供している。今回のSBO Marketing事例では、このチケットシステムについてレポートする。

⇒ 続きを読む


プロモーションと野球は、100年以上にもわたって、手と手を取り合ってきた。今回のSBO Marketing事例では、アメリカ野球殿堂博物館のメンバーズオフィシャルマガジンである「Memories and Dreams」の秋号に野球のプロモーション史への敬意を表して掲載されたレポートをお届けする。

⇒ 続きを読む


$20,000(≒185万円)もするプライベートジェットでのフライトに乗って政府に企業救済の要求に行く車業界BIG3(Ford GM, Chrysler)の首脳陣が傲慢の極みであるとすれば、2,000万ドル(≒18.5億円) の税金を使って企業の名前を野球場の側壁に掲げるという行動はどのように聞こえるのだろうか。今回のSBO Marketing事例では、経済不況の最中メッツのスタジアムへのネーミングライツが問題となったシティ・グループをテーマにしたニューヨーク大学リー・イゲル博士のレポートをお届けする。

⇒ 続きを読む

41 ~50件 / 全 211 件

ページの先頭に戻る